-楽・食・健・美- 

楽しく食べて、健やかに美しく。

食材の力が溢れる、新感覚の中華料理を貴方に。

 

 

宮城県は中華の高級食材、フカヒレ・乾鮑・干し海参の生産地。

世界的ブランドとして名高く、製品の多くは中国をはじめとした海外に輸出され非常に高価な食材として扱われています。

また、豊富な農産物・畜産物・海産物を新鮮な状態で手に入れられる地の利があります。

 

宮城県産を中心に東北各地・日本各地から食材を厳選。

ここKUROMORIでしか食べられない、新感覚の中華料理を皆様にご提供します。


オーナーシェフ 黒森洋司 

1976年生まれ、おとめ座O型。

神奈川県横浜市にて生を受け、自然溢れる北海道にて育つ。

西麻布の「香港ガーデン」で、香港出身の師匠から広東料理・広東点心を学ぶ。

28歳で広東料理の名店「福臨門魚翅海鮮酒家(二子玉川店)」において、同グループ初の日本人料理長に就任。

以後数店を渡り歩き、震災後の2011年【料理人としての復興支援】を模索しながら仙台に移住。

2014年11月 仙台市若林区荒町にて「楽・食・健・美 -KUROMORI-」を開店。

2016年1月 現住所(仙台市太白区向山)に移転。

シンプルながらも食材の旨みを最大限に引き出した料理を目指す。